アコム

アコムの返済が難しい時には最小返済額で対応

アコムでお金を借りると当然ながら返済する義務が発生します。

 

返済の方法については様々なものがアコムでは用意されていますが、ほとんどの人が毎月一定の金額を返済するといった方法を選んでいるのではないでしょうか。

 

要は、どれだけ無理なく返済を行うことができるのかという点が重要となってくるのですが、もうひとつ重要なのは、いかに計画的に返済を行うか、という点です。

 

返済が延滞すればアコムからは「滞納者」扱いとなり、遅延損害金などの発生する対象となってしまいます。

 

そこでもし延滞しそうになればできるだけ早くアコムに連絡を入れてその旨を説明する必要があるのですが、もしも返済が難しいような場合に備えてアコムでは「最小返済額」というものを設定しています。

 

これは、融資を受けた分に対して発生する利息とそれに応じて計算される金額なのですが、通常返済すべき金額に比べると低く設定されています。

 

毎月支払うべき金額よりも少ない金額なので、その金額ならアコムに支払うことができるでしょう、ということです。

 

この最小返済額のメリットは、通常返済すべき金額に比べると低い金額で済むという点にあります。

 

それと同時に、その金額を支払うことで「滞納者」扱いされることを回避することも可能です。

 

毎月の返済が難しいのであれば最小返済額で当座をしのぎ、その後まとまったお金が入ってきた時に繰り上げ返済するというものがこの方法の基本となります。

 

この最小返済額のデメリットとしては、元金がなかなか減らないという点にあります。

 

そもそも利息にプラスアルファで支払うことになりますので、元金充当分が極めて少なく、結果的に返済回数が増えてしまうことにもつながります。

 

遅延損害金が発生すればさらに出費がかさむことになることに加えて、自身のアコムでの「実績」についてもマイナス要素が追加されることになりますので、メリットとデメリットを判断したうえでどの方法が良いかを考えるとよいかもしれません。